着圧シャツと加圧シャツの違い

加圧シャツとはその名のとおり、体に「圧力を加える」シャツのことです。
加圧シャツを着ると上半身に適度な負荷がかかり、体をトレーニング状態にしてくれます。
では、ランニングをするときなどに着用するピチピチのTシャツやピチピチのタイツといったコンプレッションウェア(着圧シャツ)と何が違うのでしょうか?

コンプレッションウェア

実は、加圧シャツと着圧シャツでは大きな違いがあるのです。

コンプレッションウェア=着圧シャツとは?

・筋肉の無駄な動きを抑えて筋肉疲労を軽減する。
・血中乳酸濃度の上昇を抑制することで体力の持続時間の増加を図る。
・速乾性・吸収性に優れているため運動時に快適。
といったように、着圧シャツはスポーツパフォーマンスを向上させる機能性のウェアです。

コンプレッションウェア

 

加圧シャツとは?

・締めつけによって各部位に適度な負荷がかかり、体をトレーニング状態にする。
・締めつけによって姿勢改善効果がある。
・締めつけによって体の奥にあるインナーマッスルを鍛えるサポートができる。
このように、加圧シャツはトレーニングそのものを目的としたインナーです。

加圧シャツ

まとめると、着圧シャツは筋肉をサポートするために着るウェア、加圧シャツは筋肉を鍛えるために着るインナーと、そもそもの役割が異なります。