インナーマッスルを鍛えるサポート効果

加圧シャツを着ると、締めつけによって体に360度から負荷がかかります。
その中でも特に効果的なのは、体の内側にあるインナーマッスルへの負荷です。
通常の筋トレでは、体の奥深くにあるインナーマッスルを鍛えることは難しいのですが、加圧シャツを着ると肩が開いて背筋が伸びるため、その姿勢をキープしようとして、いつもは使わないインナーマッスルを鍛えるサポートができます。

加圧シャツを着ている状態では、常にお腹周りに圧力がかかっています。
常にお腹に圧力がかかっている状態 × 運動(筋トレ)= 筋肉(腹筋)がつきやすくなる。
これが加圧シャツの最大の効果です。