運動時の筋肉疲労を軽減する効果

加圧シャツはコンプレッションウェア同様、血中乳酸濃度上昇を抑制する効果があります。
血中乳酸濃度は「疲労の指標」とも呼ばれていて、肉体疲労の原因の1つです。
加圧シャツを着て運動することにより、血中乳酸濃度の上昇と筋肉の振動が締めつけ効果によって抑制されることで、無駄なエネルギーの発散を抑えることができます。

加圧シャツ

ランニングなどの有酸素運動や長時間のウェイトトレーニングにおいて、運動パフォーマンスの低下を防ぐことができます。