SEKKIN

脱毛
女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN

SEKKINは、産毛処理するのが大変というあなたのために悩みをサポートし、女性らしさを引き出すコントロールエッセンスです。

いつものスキンケア前に口元にサッとひと塗り。

接近されても、もう怖くない!

1日1回塗るだけで、口元のワサワサ産毛さようなら。

国内生産・無添加・無着色・無香料です。

全成分

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、ビサボロール、パパイン、ユキノシタエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、マカデミア種子油、ハマメリス葉エキス、豆乳発酵液、ザクロ花エキス、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、オクラ果実エキス、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、グリチルリチン酸2K、エチルヘキシルグリセリン、デキストリン、ラウロイルラクチレートNa、フィトスフィンゴシン、コレステロール、エタノール、キサンタンガム、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(CI0-30))クロスポリマー、PEG-40水添ヒマシ油、水酸化K、フェノキシエタノール、トコフェロール

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN

女性なのに体毛が濃いのはなぜ?

女性の体毛が濃くなるメカニズム

体毛は、性に関するホルモンと関係しています。

性ホルモンには「女性ホルモン」と「男性ホルモン」がありますが、体毛の濃さは男性ホルモンの「テストステロン」と深く関わっています。

実は、女性のカラダでも男性ホルモンが作られていることをご存知ですか?

量は男性に比べて少ないのですが、女性でも男性ホルモンは持っているのです。

体毛の中でも「男性毛」と言われるヒゲ・胸毛・お腹の毛・背中の毛などは、男性ホルモンの影響を受けやすいため、女性でも何らかの影響でバランスが崩れて、男性ホルモンがこれまでより多くなると、男性ホルモンの影響を受けやすい体毛が濃くなることがあるのです。

男性ホルモンが優位になってしまう原因とは?

毛が濃くなってしまう原因である「男性ホルモン優位の状態」は、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することで、男性ホルモンの働きが強く出てしまったり、男性ホルモン自体が増えてしまうことで起こります。

毛が濃くなってしまう原因である「男性ホルモン優位の状態」は、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することで、男性ホルモンの働きが強く出てしまったり、男性ホルモン自体が増えてしまうことで起こります。

具体的には主に3つの要因が挙げられます。

① 年齢

女性ホルモンの分泌が盛んなのが、20代半ば~40代前半と言われています。
女性の男性ホルモンの量は、一生を通じてそれほど急激な変化がないため、40代半ばから女性ホルモンの分泌が急激に減少することで、男性ホルモンの働きが強く出てしまうことがあります。

② ストレス

脳の自律神経を安定させる部位と、脳から卵巣にエストロゲンの分泌の指令を出す部位が近いところにあって、お互い影響を受けやすいのです。
ストレスが過剰にかかると、自律神経のバランスが乱れ、影響を受けやすいエストロゲンの分泌も減ってしまうことがあります。
また、ストレスが増えると、副腎皮質でストレスに対抗するために分泌されるホルモンが増えるのですが、そのホルモンが男性ホルモンを増やしてしまう働きもしてしまいます。

③ コレステロール

エストロゲンの主成分は、コレステロールです。
脂肪を極端に取らない過度のダイエットをすると、コレステロールも減ってしまうので、エストロゲンの分泌が減ってしまうことがあります。

体毛が濃くならないための対策

体毛が濃くならないようにするには、女性ホルモンのエストロゲンが減少することを防いだり、男性ホルモン自体が増えないようにすることが必要となります。

具体的には主に3つの対策が挙げられます。

① ストレスと上手に付き合う

現代社会では、多かれ少なかれ誰でもストレスを抱えてしまいます。
過度にストレスがかかったときは、ストレスを排除することも大事ですが、日頃から自分に合ったストレス解消法をうまく生活の中に取り入れることが大切になります。
友だちとご飯を食べに行ったり、ヨガをするなどのように「私はこれをすれば気分転換できる」という、自分なりの解消法を見つけておきましょう。

② 食事に気をつける

基本は、規則正しくバランスの良い食事を摂るというのが前提です。
それに加え、以下の栄養素を意識して取り入れると良いでしょう。

大豆イソフラボン
女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用をします。
納豆や豆腐などに多く含まれています。

ビタミンB6
エストロゲンの代謝に働きかけるビタミンです。
マグロやカツオなどの魚類に豊富に含まれています。

ビタミンE
脳から卵巣に働きかけて女性ホルモンの分泌をコントロールしているビタミンです。
ナッツやアーモンドなどに多く含まれています。

たんぱく質
卵巣からエストロゲンが分泌されるときに必要なのがたんぱく質。
卵やチーズなどに含まれています。

上記の栄養素が良いからといって、そればかり取り入れて、偏った食事になってはいけません。
また、上記を補うという意味で、サプリメントで摂取するのは良いと思います。
但し、あくまでバランスの良い食事を心がけることが大事です。

③ 良質な睡眠をとる

睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されるため、ぐっすり深い睡眠をとることが、良質な睡眠ということになります。
また、脳が興奮した状態になると深い眠りに入りづらくなるため、寝る直前にスマホやTVを見たり、ゲームをするなどは避けたほうが良いでしょう。
ゆっくりお風呂に入ってリラックスし、30分くらいしてから眠りにつくのが良い状態で眠るポイントです。

顔の産毛が濃い原因と正しい処理&ケア方法

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN

明るい光の下でメイクしたり、まじまじと鏡を見つめたりしたとき、 顔や口周りに産毛が生えていた・・・そんなはずかしい経験あなたはありませんか?

あごの下や鼻の下にフサフサしていると、まるでヒゲのように見えることがあります。

中には、産毛どころか太くて濃い男性のヒゲのようなものもあったり・・・

女子力が不足しているようでショックですよね。

しかも「もし顔の産毛が彼に気付かれていたら…」と思うと、恥ずかしさでいっぱいになってしまいます。

まして外出先で気付いても、その場で処理をするのは難しいですよね。

気遣っていても、いつの間にか生えている産毛。

そもそも、なぜ女性なのに濃い産毛が顔に生えるのでしょうか?

今、女性でも、口の周りにヒゲや剛毛が生えている人が増えています。

その理由の1つは、男性ホルモンの影響。

体内の男性ホルモンが増えると、男性のようにヒゲが生えたり、体毛が増えたりといったことが起こりやすくなります。

女性なのに男性ホルモンが増えてくる理由としては、ストレスや疲労などが挙げられます。

仕事の忙しさや気がかりなことなど、マイナス要素があると、それを克服しようと男性ホルモンの分泌が増える傾向にあります。

もう1つは、カラダを保護する機能の仕業。

毛を抜いたり、過酷な環境にさらされると、カラダを守ろうとする働きが高まり、毛の太さや量も増えると考えられています。

つまり、カラダや心に負担をかけないことが、女性らしさを守ることにつながるという訳です。

肌にやさしい産毛処理の仕方

① 肌を柔らかくする

お風呂に入る、または蒸しタオルを当てて肌を柔らかくします。

② ムダ毛を剃る

クリームや泡タイプの洗顔料などを塗って、カミソリでムダ毛を剃ります。
このとき、毛の流れに逆らわないように剃ると、肌にあまり負担をかけません。

③ 肌を整える

剃った後の肌には保湿クリームなどを塗り、肌を整えます。

これら①~③をすべてやってくれるのが、SEKKINです。

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN

顔周りの産毛正しい剃り方

皮膚に刺激を与えるような誤った剃り方をしていると、皮膚を守ろうとして、その部分だけ濃い産毛が生えやすくなります。

正しい剃り方をマスターして、女性らしいツルツルの陶器肌をGETしましょう。

<産毛の正しい剃り方について>

皮膚への負担を軽減させるため、産毛を剃る前には必ず保湿クリームや乳液を顔全体に伸ばし、しっかり保湿ケアを行いましょう。

産毛は上から下へ剃ることが基本中の基本です。

下から上への逆さ剃りはやってはいけません。

産毛を剃る際、片方の手で皮膚を耳に向かって引っ張りながら剃ってあげると良いです。

産毛処理は毎日行っていると肌を傷つける可能性があるため、1週間に1回を目安に行うと良いでしょう。

もし1週間に1回のお手入れだけでは間に合わない場合は、医療脱毛という手もありますので、今後施術を受けるかどうか検討するのも良いでしょう。

ただ、医療脱毛は料金の問題もありますので、一番手頃で手っ取り早い方法として、SEKKINによる産毛ケアをおすすめします。

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN

SEKKINの口コミ

女性の口周りの産毛・ムダ毛ケア SEKKIN